Header Image
Home / MusicTheory & Composition Course

MusicTheory & Composition Course

当校のカリキュラムでカバー出来るのは趣味で音楽されている初心者の方から
プロ作曲家を目指す上で最低限のレベル迄になります。

DTMを習うだけでも、音楽理論を習うだけでも何も意味はありません。
両方を勉強して始めてステップアップする事が可能です。

DTMソフトは楽曲をつくる為の絵で言う”キャンバス”です。いくらLogicProの使い方を学んだところで何も出来ません。
特にDTMスクールや音楽学校でDTMだけ取っていたという方で当校で学び直しをされている方は多いです。

また、音楽理論だけを勉強したとしても作曲が出来るようにはなりません。仕組みをわかっていれば基本的なことが出来ますが、制作中に瞬時に呼び出せる様にはある程度、鍵盤などの楽器を使って体系化をしないと折角学んだことも活かし切ることが出来ません。

勿論、音楽理論無しで楽曲を作る事は可能です。特に小さい頃から音楽に触れられていて、耳が出来ている方(絶対音感に限らず)は何も気にすることなく曲を作る方もいらっしゃるのも事実です、

これは英語に例えるとわかりやすく、幼少期に海外にいたネイティブの人は英文法は全くわからないが会話は問題なく出来ていますよね。音楽もそれと同じで音楽ネイティブのような方は存在します。

ではネイティブ以外の人は英語を話せないのでしょうか?そんなことはありませんよね。ネイティブ以外の方は英文法やリスニング・スピーキング等の様々な学習をして英語をを上達させていると思います。

勿論、ネイティブではない人がネイティブの様になるにはとても大変な努力と時間が必要です。ですが、ネイティブ並にならないと英語を話してはいけないのでしょうか?そんな事ないですね。私は英語を通じてご自身がやりたい事が出来る範囲の勉強をすれば良いと考えています。

当校では音楽も同じと考えています。幼い頃から音楽に触れて来た耳もリズムも完璧な人と同じ様になるには膨大な時間と学習量が必要になります。ですが、そこまでにならなくてもいくらでも音楽の楽しみ方というのはあります。

もちろん、当校ではビジネスで使われるハイレベルな文法の様にレベルの高い音楽を組み立てる為のハイレベルな音楽理論にも対応していますので安心して下さい。

当校ではそれぞれの目的に合わせたスピードやカリキュラムで受講者様の音楽LIFEをサポート致します。

基本カリキュラムが4ヶ月制の理由

やはり、プロを志している方などの強い意志をお持ちの方以外は1年以上も集中して学習し続けるのは厳しいものがあると思います。

その為、当校では4ヶ月間キチンと学習していただき、その後に4ヶ月間はおやすみ期間を入れてからまた次のChapterに挑戦ということが可能です。

おやすみ期間中の4ヶ月間はそのまま継続して授業のビデオをご覧いただくことが可能です。ちょっとこのまま次のChapterに行くのはキツイかも。。。と思った方は特別な費用が掛からず一旦おやすみ出来ますので、安心して当校をご活用いただけますと幸いです。

料金プランのご案内

入学金・教材費:無料 (2020年8月31迄)

PLAN - PRICE

Description

MusicTheory / 4ヶ月

¥ 25,000 + tax 

LogicPro以外のDAWをお使いで
音楽理論だけを学習したい方
全4Chapterからなる
カリキュラムを4ヶ月毎にSTEP UP
無理なく短期間で学べるプラン

音楽理論グループ x 80分  全12回
合計授業時間:16時間 
月平均:80分 x 3コマ 
※月に1度課題の提出が御座います

1月・5月・9月に開講

EARLY ENROLLMENT
11/30 23:59 迄の申込で10%OFF

Standard / 4ヶ月 

¥ 45,000 + tax /

全4Chapterからなる
カリキュラムを4ヶ月毎にSTEP UP
無理なく短期間で学べるプラン

音楽理論グループ x 80分  全12回
DTMグループ x 80分 全8
DTM個人 x 50分 全4回
合計授業時間:27時間 
月平均:80分 x 5コマ + 個人1コマ

※月に1度課題の提出が御座います

1月・5月・9月に開講

EARLY ENROLLMENT
11/30 23:59 迄の申込で10%OFF

Master / 1

¥ 724,000 + tax 

全4Chapterからなる
全カリキュラムを1年で修了
本格的に学びたい方のプラン

音楽理論グループ
 x 80分  全48回
DTMグループ x 80分 全24
DTM個人 x 50分 全24
年間授業時間:116時間
月平均:80分 x 8コマ + 個人1コマ
※2週間に1度課題の提出が御座います

4月・10月に開講
※各種教育ローン&分割納付可能
EARLY ENROLLMENT
2/14 23:59 迄の申込で10%OFF

当校では毎月のレッスン料金以外にその他に掛かる費用は御座いません。
※本科とは別にオンライン特別セミナー等を開催する場合の別途費用が掛かります(任意参加)

当校の特徴は着実にレベルアップを狙うための4つのレッスン。

1. Berklee メソッド を中心とした音楽理論カリキュラムを全国からオンラインで学べる

作曲や編曲の壁を突破するのに音楽理論や様々な音楽を勉強する事は非常に有効です。

驚かれるかもしれませんが、実は音楽理論というのは世界で統一されたものは存在しません。

米国Berklee College of Music で教えられている「Berkleeメソッド(※因みにこの呼び名は日本だけです)」やニューイングランド大学のジョージラッセル氏が考案した「Lydian Chromatic Concept」等、他にも多数の流派が存在します。日本国内でもそれぞれの音楽理論を確立されている方が沢山いらっしゃいます。

また、クラシック理論とジャズ理論でも「Ⅲm」の解釈等が異なりますので、そういった部分に触れながらレッスンは進めて行きます。

当校では、私が米国「BerkleeOnline」で学んで来たBerkleeメソッドを中心に構成されております。理由は国内で認知されている音楽理論の基盤となっている考え方だからです。

当校ではご自身がどこまで学ぶかを選択出来るように4つのChapterに分けております。それぞれのChapterの習熟度は以下の通りです。

「Chapter 1」 → 音楽を学ぶ上での基本的なルールと作曲の基本的な部分が理解出来、基本的な楽曲が出来る様になります。
MusicTheory & Composition Chapter 1 Syllabus はこちら

「Chapter 2」 → 様々なコード進行を導き出すテクニックを学びワンパターンではない作曲が出来る様になります。

MusicTheory & Composition Chapter 2 Syllabus はこちら

「Chapter 3」 → 自身が書いた曲を編曲出来るようになる為のテクニックを習得出来ます

MusicTheory & Composition Chapter 3 Syllabusはこちら

「Chapter 4」 → 今まで学んで来た世界ではない音楽の側面に触れ、様々な応用や解釈が出来るようになります。

MusicTheory & Composition Chapter 4 Syllabusはこちら

決してBerkleeの理論が最強だと考えている訳ではありません。各流派との違いはいわゆる「方言」のようなものではありますが、中には同じ理論を学んだ人とでしか会話が成り立たない強烈なものまで存在します。音楽理論は音楽人と会話をする為の側面もありますので、これでは意味が無いと私は考えます。
(※決してこれらの流派を否定する訳ではありませんが、他流派との違いをSNS上で喧嘩の道具にしている様な方がいらっしゃいますがそういった方とは共感が出来ないという意味です。)

当校では80分月3回からの音楽理論の授業を用意し、既に音楽理論で挫折されたことのある方からこれから初めて学ぶ方、より早く習得されたい方の為に週4回にコースを用意しております。

2. LogicProやDTM作曲を行う上でのMacの基本を学ぶ「DTM/キーボード」※1

授業時のカメラの1コマ

DTMは鍵盤(キーボード)と一緒に学習しなければ正直申し上げて意味がありません。当校では作曲と編曲を体系化する目的でレッスンを行います。ボタンの位置や機能だけを学んでも初心者の方は使い所がわからず意味がありません。

正直な話、機能だけであれば今の時代はネットで検索すれば出てきます。始めはなんと検索すれば良いかもわからない為、基本的な機能は解説して行きますが、中盤からは特に触れず、逆にわからなくなった時の検索方法についてレクチャーします。(プログラミング等も基本この考えです)

当校のDTMカリキュラムは音楽理論の授業で学んだ内容をDTMの授業で鍵盤に落とし込んでいきます。音楽理論は鍵盤をつかって目と耳で覚えなければ学習初期の段階では99%挫折します。その為、当校ではギターがメイン楽器という方も鍵盤による運指やコードボイシング覚えていただきます。(人前での演奏を目的としたハイレベルな物ではありませんのでご安心下さい)

Logic画面をつかった授業

基礎カリキュラムが終わりましたら後半はジャンル別のアレンジの授業に入ります。楽曲を構成するのは70%がリズムです。BerkleeOnlineのアレンジの授業はまず様々なリズムを半年以上ずーっとやります(笑)。日本ではあまり無い形態なので正直かなり驚きました。普段聞きなれないジャンルもありますが、基本のリズムだけを知って置く事で後々意外と効いて来ます。

3. それぞれの目的に合わせた月1回のPrivateLesson ※2

グループレッスンだけの学校の盲点は、個人の目的にフォーカス出来ないところです。

PrivateLessonは個人が作りたい作品へのサポートや音楽理論でわからない部分のサポート等、ご自身の今抱えている問題解決に向けたレッスンになります。

当スクールでは、月に1回のこのプライベートレッスンで皆さまが1番の心配事である「挫折」をしないよう最大限勤めさせていただきます。

※1 MusicTheoryのみのコースでは対象外になります。
※2 全コースで+¥6,000でオプショナルレッスンとして追加可能です。

4. 受講期間中はオフラインによる楽曲・MIXの添削が何度でも無料!

受講期間中はご自身が作曲した楽曲を「譜面」「アレンジ」などの様々な側面からアドバイスさせていただきます。特に回数制限などはございませんので、是非ご活用ください。

Top