Header Image
Home / MusicTheory & Composition Course Chapter 3

MusicTheory & Composition Course Chapter 3

これまで学んで来たコード進行たちを滑らかに繋げる為のChord Voicingや特殊系のChordを学び。Melodyに対するHarmonizationを習得します。

【MusicTheory Chapter 3 Syllabus 】

Section.1 Extended Dominant Series
Dominant 7th Chordを用いた拡張的コード進行とその成り立ちを学びます。

Section.2 Substitute Dominnt Series
裏コードを使ったコード進行例とChordScaleを学び、Root音のHarf Stepによる進行を取り入れていきます。

Section.3 Diminished Chord Series
Passing Diminished を始めとした Diminished 7th Chord の活用方法を学んで行きます。

Section.4 Augumented Chord Series
Napolitan 6th Chordを始めとし、Italian,German,Freanch Augmented Chord の活用方法を学んで行きます。

Section.5 Polychord & Upper Structure Triad
Upper Structure TriadをPolychord的な概念で使用する為のルールを学んで行きます。

Section.6 Approach Harmonize Tequnique Part.1
Approach Note と Target Noteに対する和声付け(Harmonization)を”Dominant” “Diminished” “Diatonic ” “Chromatic” Approachを用いて行う技術を習得します。

Section.7 Approach Harmonize Tequnique Part.2
通常のApproach Harmonizeとは異なる方法を利用し更に複雑なHarmonization を可能にします。

Section.8 Approach Harmonize & Upper Srtucture Triad
Approach Harmonize にUpper Structure Triad の概念を取り込みメロディーに対するHarmonizeの選択肢を増やします。

Section.9 4WCL Voice-Leading & 4WSP Voice-Leading
今まで学んだコード進行を4Way Close Voicing と 4Way Spread Voicingを使用して行うスムーズなChord Voicingを学びます。

Section.10 Linear Harmony Tequnique
コード進行の中からGuideTone等を使用して、新しいメロディーラインを構築する方法を学んで行きます。

Section.11 Modulation Part.2
ここまで学んで来たテクニックを使用して更なる転調の方法を学んで行きます。

Section.12 Blues System
Tonalityの世界にBlues Feeling を取り込んでいく方法を学んで行きます。

Top